海外で散骨するための粉骨サービス

海外に粉骨を安全に持出せるように「保存用バック」に納めてお渡ししております。海外の海に散骨する場合は水溶紙袋に粉骨を納め、更に保存用アルミ製バックにてお渡しします。また、イミグレーション(出入国審査)のために「粉骨証明書」を発行しております。
 
海外で散骨する場合、国によっては法律や条令、ルールがありますので、事前に調べてから実施されることをお勧めします。例えば、ハワイを含むアメリカにおいては、海岸からの距離や方法など、政府が決めたルールがあります。フィリピンやタイなどは墓を持たない風習があるため散骨は一般的で、海、川、湖など、様々な場所に撒くことが可能です。しかしながら地域によってはルールがある場合もありますので、是非、事前に情報を収集されてから実施して下さい。

海外に粉骨を安全に持出せるように「保存用バック」に納めてお渡ししております。海外の海に散骨する場合は水溶紙袋に粉骨を納め、更に保存用アルミ製バックにてお渡しします。また、イミグレーション(出入国審査)のために「粉骨証明書」を発行しております。
 
海外で散骨する場合、国によっては法律や条令、ルールがありますので、事前に調べてから実施されることをお勧めします。例えば、ハワイを含むアメリカにおいては、海岸からの距離や方法など、政府が決めたルールがあります。フィリピンやタイなどは墓を持たない風習があるため散骨は一般的で、海、川、湖など、様々な場所に撒くことが可能です。しかしながら地域によってはルールがある場合もありますので、是非、事前に情報を収集されてから実施して下さい。

区切り線・グリーン

海外の散骨ルール

海外で散骨する場合、国によっては法律や条令、ルールがありますので、事前に調べてから実施されることをお勧めします。例えば、ハワイを含むアメリカにおいては、海岸からの距離や方法など、政府が決めたルールがあります。フィリピンやタイなどは墓を持たない風習があるため散骨は一般的で、海、川、湖など、様々な場所に撒くことが可能です。しかしながら地域によってはルールがある場合もありますので、是非、事前に情報を収集されてから実施して下さい。

アメリカの散骨ルール

 

区切り線・グリーン

粉骨して海外に持っていくメリット

粉骨を収めたアルミ製バック

粉骨することで運びしやすくなります

粉骨は密封出来るアルミ製バックに納めます。揺れや振動で敗れることもなく、粉骨が零れ出てしまうこともありません。またコンパクトになりますので、キャリーバックや手荷物でも嵩張ることなく運べます。

粉骨用トラベルケース

遺骨用トラベルケースで安全に運べます

遺骨を運ぶためのトラベルケースはプラスチック製のしっかりした骨壷です。粉骨は密封した状態でケースに納めますので、アルミ製袋だけより安全に運ぶことが出来ます。このケースはX線を通しますので税関も通ります。

粉骨証明書の発行

出入国審査用に粉骨証明書を発行しています。料金は無料です。当社では英語、中国語、韓国語、フランス語など、様々な言語で対応しております。言語によっては時間を頂戴することがございます。粉骨証明書の作成にあたり、依頼者様名、住所、故人様名、納骨先など、個人情報を頂きますので、予め、ご了解下さい。

海外で散骨される方へのアドバイス

アメリカでは海洋散骨に関するルールが決まっています。政府により定められたルールがあり、また報告が義務化されています。その他の国においても、散骨をしてはいけない場所、適当ではない場所などがありますので、実施される前に十分に確認されてから行っていただくことをお勧めします。

区切り線・グリーン

海外で納骨・散骨するための粉骨サービス費用例

トラベルケース

トラベルケースに粉骨を納める

ご請求金額 17,280円(税込)
 
  • 7寸壷の粉骨・トラベルプラン
  • 保存用アルミ製バック、トラベルケース
  • 骨壷・木箱一式の処分
  • 消費税
遺骨保存用バック

粉骨を長期保存出来るバックに密封する

ご請求金額 14,040 (税込)
 
  • 7寸壷の粉骨・ベーシックプラン
  • 長期保存用バック
  • 骨壷・木箱一式の処分
  • 消費税